カリフォルニア州マウンテンビュー、1030日、2020 –人工知能(AI)、機械学習(ML)、ディープラーニング(DL)アプリケーション向けにRISC-Vベースの高性能でエネルギー効率の高いコンピューティングソリューションを開発しているエスペラント・テクノロジーズ(Esperanto Technologies™)は、2020年11月5-6日に開催される「RISC-V Day Tokyo」の主要スポンサーを務めます。

エスペラントテクノロジーズのプレゼンテーション: RISC-V機械学習SoCのためのエスペラントの検証手法

  • 著者: エスペラント・テクノロジーズ シニア・テクニカル・リードのShankar Jayaratnam氏とエンジニアリング・ディレクターのRaymond Tang氏。
  • エスペラントは、大規模な機械学習推論アプリケーションのためのRISC-VベースのSoCを開発しました。各汎用RISC-Vコンピュートコアには、機械学習アルゴリズムを高速化するためのベクトル/テンソル処理ユニットが搭載されています。多くのアクティブ並列スレッドがオンチップのメッシュネットワークを介して通信し、エスペラントの命令セット拡張機能がISA検証に複雑な層を追加しました。オープンソースのRISC-V準拠のテストスイートは、最初の一歩となりました。しかし、非常に低い消費電力と非常に高い性能の要件を満たすためには、シリコンが入手可能になる前に、常に進化し続けるAIソフトウェア・スタックで消費電力と性能を予測することは困難でした。これらの問題を解決するために、エスペラントの統一検証プラットフォームは、複数のベンチソースを維持することなく、異なる階層の設計を検証することを可能にしました。このプラットフォームは、機能検証にシミュレーションとエミュレーションを使用し、AIソフトウェア・スタックを直接実行し、SoC全体をMHzの周波数でエミュレートしました。その結果、重要な機能と性能の問題を早期に発見することができ、ソフトウェア・スタックをより迅速に成熟させることができました。エスペラント独自のカバレッジ手法では、ハードウェアとソフトウェアのコ・シミュレーションと仮想プラットフォームを使用して、マイクロアーキテクチャの痕跡を抽出し、テープアウト品質を実現しました。SoCトポロジ全体のコンパイルとシミュレーションには2時間を要し、デバッグのターンアラウンドを迅速に行うことができました。

RISC-V Day Tokyoに参加して、オープンスタンダードのコラボレーションを通じてマイクロプロセッサIP市場を変革する破壊的な力の一部になり、エスペラント技術についてお聞きください。

エスペラント技術について

エスペラント・テクノロジーズは、オープンスタンダードのRISC-V命令セット・アーキテクチャをベースに、人工知能/機械学習のための高性能でエネルギー効率の高いコンピューティング・ソリューションを開発しています。エスペラント社はカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、米国ではオレゴン州ポートランドとテキサス州オースティンにエンジニアリング拠点があり、ヨーロッパにも複数の拠点があります。詳細は https://www.esperanto.ai/をご覧ください。

RISC-V Day Tokyoについて

RISC-V Day Tokyoは日本最大のRISC-Vイベントです。2020年にはCOVID-19の開催により100%オンライン化されます。RISC-Vエコシステムのメンバーが、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、ストレージ、ウェアラブル、オートモーティブなどのアプリケーションにまたがる研究、技術、成果、製品を発表し、コラボレーションと技術交流を行います。RISC-Vは、アーキテクチャへの魅力的なライセンスフリーのアプローチとして、急速に支持を集めています。このオープンスタンダードのコラボレーションは、シリコン市場の確立された秩序を変革し、再構築することになるでしょう。 RISC-Vについての詳細は https://riscv.orgをご覧ください。

Esperanto Technologies Press Contacts for Tokyo Event:

All trademarks or registered trademarks are the property of Esperanto Technologies or their respective holders.